トピックス
2013.06.20
活性水素は、多くありすぎても、だめ!

中日新聞

「携帯使用で脳腫瘍」と労災認定 伊最高裁、保険支払い命令 2012年10月19日 05時39分  

【ローマ共同】イタリアの最高裁は18日までに、仕事で携帯電話を長時間使用したことが脳腫瘍の発症につながったとの北部に住む男性(60)の訴えを認め、全国労働災害保険協会に労災保険の支払いを命じる判決を下した。同国メディアが報じた。  訴えによると、男性は2002年までの12年間に仕事で一日5〜6時間、携帯電話やコードレス電話を耳に当てて使い続けた結果、頭部左側に良性の腫瘍ができ、手術を受けた。  判決は、長年にわたる携帯電話使用と脳腫瘍発症の因果関係を示したスウェーデンの学者らの研究結果を「信頼性が高い」と認定。腫瘍の「少なくとも原因の一つと言える」とした。

 
2012.6.19
「量子水」「νG7」は商標登録になりました。
 
2012.5.31
国際養鶏養豚総合に出展します。
会場:ポートメッセ名古屋(名古屋市国際展示場)
http://jlia.lin.gr.jp/ipps/
2012.5.15
ニュージーセブンは ”ダカッパ” と言う名前でハワイから逆輸入されています。

http://dakappa.com/ 

ダカッパ と検索してみてください。

2012.4.12
川崎市の新築賃貸マンション各戸に設置になりました。
2011.10.28

下記書籍に取り上げられました。
三和書籍
著者:早川和宏
ISBN978-4-86251-117-1
定価:(本体1,400円+税)

2011.5.19
「νG7」商標登録完了 商願2010-078334
2011.1.12

2010.7.27

ニュ−G7処理水には乳酸菌増殖促進効果があることが大阪府立大学の渡来仁助教授によって既に証明されています。牛乳そのものには何も手を加えておらず、乳を出す牛にこの水を飲ませただけ。そうすることで、牛の腸内に乳酸菌が増殖し健康な牛になり、本当に豊かな生きている牛乳ができ、長期放置(冷蔵保存)していても腐ることなく自然に発酵してヨ−グルト状になったと考えられます。

このνG7水を飲用した乳牛からとれた牛乳が、腐敗しにくいと言うことは、牛の体液が腐敗しにくいと言うことです。我々もこの量子水を飲用すると、同じ様に腐敗しにくい体液を有することになるはずです。
だから、皆々様にこの水を飲むようにすすめてる次第です。

2010.3.9

2月24日河村食材工場へ見学に行きました。ニュージーセブン50Aを2連結しています。(水道水を使用) 水産加工工場なのに雑菌がいないせいか、ニオイが全くしません。安全で美味しい食品が出来るようになったそうです。
河村食品冷凍鱒解凍の顕微鏡写真を比較してください。
河村食品のしじみ(アミノ酸が増えた)もご覧ください。

2010.1.5

2009.11セミナーの紹介
ご覧になって下さい。GO

2009.11.13

「全マクロ食育基金」ホームページhttp://www.zenmacuro.com/ 上からνG7セミナーの収録映像がYOU TUBEを経由して世界各国から閲覧できるようにしました。当面 英語 中 国語 での通訳映像になります。今後はνG7使用実例の現場映像を収録しサイトアップを計画しています。

2009.10.30
セミナーのお知らせ
セミナー資料  アクロバットリーダーが必要になります。

2008.8.28

アメリカでで弊社の特許が決定しました。
詳細は後日発表します。

2008.1.6
謹賀新年 本年もよろしくお願いいたします。
日本での特許が取得できました。詳細は後日発表させていただきます。

2007.2.22

ケータイ使用10年以上で脳腫瘍リスク 
欧州5カ国調査で発覚も、
日本は企業が安全宣言

 携帯電話の発ガン性に関するヨーロッパ5カ国の調査で、10年以上使用すると脳腫瘍リスクが上がるという結果が出た。先月公表されたこの調査結果を受け、スウェーデンやドイツ政府は、頭に浴びる電磁波を低くするように、との勧告を出している。今後、携帯電話が原因で脳腫瘍になる人は増えそうだ。使い続ける人は、将来、脳腫瘍になった場合に補償を請求できるよう、料金記録や頭の右左どちら側で使っているかを、今のうちから記録しておいた方がよい。

【Digest】
◇ヨーロッパ5カ国調査「10年以上で脳腫瘍リスク上昇」
◇携帯電話は21世紀のタバコだ
◇スウェーデン、ドイツでは政府が電磁波低減を勧告
◇日本の疫学調査は、8年・・・そしてシロ
◇ドコモ、au、ソフトバンクの安全宣言とは
◇企業による研究はどこまで信用できるか?
◇アスベストの補償を参考に今から記録をとっておこう

◇ヨーロッパ5カ国調査「10年以上で脳腫瘍リスク上昇」
 ヨーロッパ5カ国(デンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、イギリス)の共同調査結果は、1月19日に公表された。イギリスの新聞でも大きく報道された(日本ではケータイ業界は大スポンサーなので一行も報じられない)。その主な内容は以下のとおりだ。
 ・1,521人の患者と3,301人の健康な人たちを対象に、過去の携帯電話の使用状況を調べて、携帯電話の使用と脳腫瘍(厳密には、神経膠腫{しんけいこうしゅ}という脳腫瘍の一種)との関連を調べた。
 ・半年以上にわたり1週間に1回以上の通話をするグループを携帯電話使用者とし、非使用者と比較したが、そこでは病気の発症率に差は見られなかった。
 ・10年以上の使用者と非使用者を比べた場合には、1.13倍とわずかな上昇はあったが統計的に誤差範囲。
 ・しかし10年以上使用していた人の中で、脳腫瘍が発生した側の耳にあてて携帯電話を使っていた人に限定したところ、脳腫瘍の発症率は39%上昇し、それは統計的にも偶然とはいえない差(有意差)であった。

 ケータイの10年以上の使用で、脳腫瘍のリスクが上がることを示唆する結果がでたのは今回が初めてではない。

 この調査は、世界保健機関(WHO)が進めている電磁場プロジェクトの一環で実施されたものだ。携帯電話の使用と脳腫瘍の関連を調べるため、日本も含めた13カ国が参加し、共通の調査法でそれぞれの国での調査結果をまとめる。

 これまでにスウェーデン、イギリス、ドイツでは、それぞれの国の研究結果を独自にまとめて公表している。 また、別の種類の脳腫瘍である聴神経鞘腫(ちょうしんけいしょうしゅ)を調べた結果がデンマーク、スウェーデンで公表されている。それら結果を簡単にまとめたのが図1だ。デンマークを除いたすべてが、10年以上でのリスク上昇を示唆している。

 今回の調査結果は、これらのヨーロッパ各国のデータをまとめて再評価したもので、これまで示されていた脳腫瘍のリスク上昇が再確認されたといえる。

 今回の論文の著者であるフィンランド政府・放射線安全庁(STUK)のアンシ・アウビネン博士は、英紙の取材に対して「腫瘍が成長するのに必要な期間を考慮すると長期間で影響がでている結果には信憑性がある。また携帯電話を近づける側頭部の方に腫瘍が発生していることにも信憑性がある」と答えている。

 今年中には世界13カ国のデータが集約され、最終結果が出る予定になっている。

◇携帯電話は21世紀のタバコだ
 このような10年以上での脳腫瘍リスク上昇について、携帯電話の電磁波の世界的権威であり、英政府のモバイル通信健康調査プログラムの議長を務めるラウリー・チャルリス教授は、英紙の記事の中で「携帯電話は21世紀のタバコとなりうるか?」と質問され「絶対なる」と答えた。  

「携帯電話以外の多くの発ガン要因を調べた調査でも、その影響は10年以上経って現れる。10年間は何もないが、その後劇的に増加し始めるのだ。長崎や広島の原爆の影響でも、10年以内では影響は見られなかった。アスベストも同じだ」  

「専門家による疫学調査の結果、10年以上で影響の可能性が示唆する結果がでたことは無視できない。研究を続けるべきだ」

 脳腫瘍のようなまれにしか発生しない病気(脳腫瘍全体で年間1万人に1人と言われている)の場合、疑われる要因との関連を調べるのは容易ではない。また携帯電話が原因だったとしても、脳腫瘍が発症するまでに10年以上かかる場合、それ以前にいくら調査をしても脳腫瘍の増加は確認できない。

 チャルリス博士は、携帯電話をすでに使っている20万人を対象にした新たな研究を計画中だ。5年以上にわたり、脳腫瘍だけでなく、アルツハイマー病やパーキンソン病など脳神経の増加も調べる予定。イギリス政府と、資金提供の最終的な交渉段階に入っているのだという。

◇スウェーデン、ドイツでは政府が電磁波低減を勧告
 今回の調査結果を受けて、スウェーデン政府の放射線防護庁(SSI)は1月31日に声明を発表。携帯電話が脳腫瘍の原因となる可能性が強まったとして、携帯電話の使用に気をつけるように注意を呼びかけた。具体的には通話に際してイアホンマイクを使い携帯電話本体を体から離すこと、通話状態の良い場所で使うこと(携帯電話から発信される電波が自動的に弱くなるので)などを薦めている。

 またドイツ政府の放射線防護連邦局(BfR)は、2月5日に同様に、通話中に浴びる電磁波をできるだけ減らすようにすること、また電磁波の影響の少ない機種を選ぶことなどを勧告する声明を出した。

◇日本の疫学調査は、8年・・・そしてシロ
 日本もWHOのプロジェクトには参加しているので、同様の調査が実施されている。現在、聴神経鞘腫瘍という脳腫瘍についての結果が論文として発表されている。

 以前myenwsjapanでも紹介した、総務省の生体電磁環境研究推進委員会のメンバーである東京女子医科大の山口直人教授や首都大学東京の多氣昌生教授たちが、総務省の研究費を使って行なったものだ。

 東京近郊に住む患者97名と健康な人330名を対象にした調査で、結論はケータイによる影響は確認できなかった。長期間の使用の影響については、10年以上の使用者が患者グループで1人、健康な人のグループで8人しかいなかったので、10年以上の影響を比べることはできなかった。そこで8年以上の使用者と非使用者を比べたが、病気の発症率に差は見られなかった。

 つまり、日本の研究結果だけでは、10年以上の使用でリスクが上がるかどうかは何も判断できないということだ。

 日本で携帯電話が爆発的に普及したのが1994年以降なので、10年以上の使用者がまだ少ないことは仕方ないのかもしれない。論文の中でも「今後の研究は、10年以上の長期使用者に焦点を当てるべきだ」と述べられている。

◇ドコモ、au、ソフトバンクの安全宣言とは
 その一方で、日本では1月25日に、産経新聞が、日本のケータイ事業者3社による安全性の検証試験の結果を報じた。それぞれの会社のホームページで報告をしているが、内容は同じなので、代表してソフトバンクの報告書をここに紹介しよう。

 2002年11月から3社共同で進めていた実験で、人間の細胞に電磁波をあてて、ガンの原因となるDNAの切断をはじめとするさまざまな細胞や遺伝子に異常が起こらないか調べたというものだ。

 その結果、国の基準値の10倍の電波をあてても、細胞での影響は確認されなかったという。「携帯電話基地局からの電波の安全性について改めて検証できたといえます」「電波が細胞構造や機能に影響を与えてがん化するかもしれないとの主張を否定する科学的証拠の一つになるものです」と結論付けた。

 その後2月10日の産経新聞では、「携帯・PHS各社、新戦略を模索 最後の空白地帯で攻勢」という記事が報道された。飽和状態にある携帯電話市場の最後の空白地帯として、子どもと老人向けへの攻勢をかけるという。

 もし10年以上の使用にリスクがあるとしたら、子どもが一番被害を受けることになるが、本当に大丈夫なのだろうか?

◇企業による研究はどこまで信用できるか?
 単純に考えて、ケータイの会社が資金を出しておこなった研究で「シロでした」と報告されて、そのまま信用する人はどれくらいいるのだろうか?もしクロという結果が出た場合、その結果は公表されるのだろうか?

 研究費のスポンサーによって研究結果に影響が出るという指摘がある。  もっともこの問題が懸念されてきたのが、製薬会社による新薬の開発に関するものだ。医薬品産業がスポンサーの研究の場合、公的機関の研究と比べてその医薬品に好意的な結果になる確率は4倍になるという研究がある。

 またタバコ産業から研究費を受領している研究者が、受動喫煙が無害だという結論を出す確率は、利害関係の無い研究と比べると実に88倍.....この続きの文章、および全ての拡大画像は、会員のみに提供されております。

 

2006.7.26

携帯の電磁波、優先席離れても影響変わらず…東北大

「電車内での携帯電話の電源オフは、優先席付近だけでいいの?」。東北大理学研究科の本堂毅助手(統計物理学)らの実験で、金属の天井や壁のある空間では、携帯電話などの発する電磁波が反射するため、発信源から距離をとっても、必ずしも弱まらないという結果が出た。  

25日から電子版で公開される日本物理学会の英文誌に発表される。  

一般に、電磁波は、発信源から離れるほど弱まる。心臓ペースメーカーに影響を与えない携帯電話との安全な距離を、総務省の指針は「22センチ以上」としている。このため、鉄道各社は、心臓ペースメーカーの誤作動などを防ぐため、優先席付近の携帯電話の電源オフを呼びかけている。しかし、本堂さんは「指針は、金属の壁や天井で電磁波が反射する電車内の環境を想定していない」として、電車内に類似した金属製のコンテナ内で、無線機から電磁波を発生させ、距離を変えながら、その強さを測定した。
(読売新聞) - 7月25日7時25分更新

 

2006.6.14

ニューG7を取り扱っておられる長野県の方よりニュースが入りました。

ニューG7水をスプレイ容器に入れ、カーテンやベッド、ソファ、ペット小屋など、 悪臭が気になるところに噴霧すると、臭いが消えるとの事です。

女性では、頭髪を整えるときに噴霧すると、しっとりするとの事です。 ミスト効果でマイナスイオンが増えるとも考えられます。

一度お試しください。

 

2006.4.14

3月29日付け韓国で弊社の特許が決定しました。
詳細は後日発表します。
韓国特許出願第10−2004−7009994号

 

2006.4.4

携帯電話の長期使用で脳腫瘍リスク上昇?=スウェーデン調査

【ストックホルム 31日 ロイター】− スウェーデンの国立労働生活研究所は3月31日、悪性脳腫瘍の診断を受けた20−85歳の905人の携帯電話使用状況を調査した結果、携帯電話を長期間使用した場合、脳腫瘍リスクが上昇する恐れがあると指摘した。  

 携帯電話の使用と脳腫瘍の因果関係の可能性を指摘したこの結論は、昨年、世界の携帯電話の人体への影響に関する研究を総括し、携帯電話やテレビ塔の電磁波の悪影響を示す証拠は見つからなかったとしたオランダ保健審議会の発表や、今年1月に発表された、携帯電話の頻繁な使用や長期使用と腫瘍との因果関係はないとした英調査の結論と、真っ向から食い違っている。  

 スウェーデン調査は、「悪性脳腫瘍患者905人のうち85人が、携帯電話の通算の使用時間が2000時間を超えるいわゆるヘビーユーザーで、早い時期から携帯電話の使用を始め、使用頻度も多かった。ヘビーユーザーの側頭部に悪性腫瘍ができるリスクは240%高かった」と指摘した。ハンズフリーの携帯電話を使用すればリスクは低下する。調査を行った研究者は、スウェーデンでは世界に先んじて1984年からポータブルタイプの携帯電話が普及しており、今回の調査はこれまでで最も大規模かつ長期の調査となったとしている。

 

2006.4.2
3/30東京工業大学にて研究発表いたしました。 発表内容はこちら>>GO
 
2006.3.1
大阪市、大津宅
犬の名は チョロ
おしっこを階段に主にするので、この周りが、すごくくさい セブンを付けて、水を、飲むし、水を撒くようにしたら、ほとんど臭わなくなっている。
 

2006.1.18

電磁波対策、初の国際基準…科学的解明待たず

WHOが原案 健康被害を予防

 送電線や家電製品などから放出される電磁波が健康に与える影響を調べている世界保健機関(WHO)は、電磁波対策の必要性や具体策を明記した「環境保健基準」の原案をまとめた。電磁波に関する初の本格的国際基準で、WHO本部は「今秋にも公表し、加盟各国に勧告する」としている。日本政府は電磁波について「健康被害との因果関係が認められない」としているが、基準公表を受け、関係各省で対応を協議する。

 原案は、電磁波による健康被害の有無は「現時点では断言できない」としながらも、発がん性について「(30センチ離れたテレビから受ける最大電磁波の5分の1程度にあたる)0・3〜0・4μT(マイクロ・テスラ)以上の電磁波に常時さらされ続ける環境にいると、小児白血病の発症率が2倍になる」とする米国や日本などの研究者の調査結果を引用。科学的証明を待たず被害防止策を進める「予防原則」の考え方に立ち、対策先行への転換を促す。

 具体的な数値基準については、各国の専門家で作る「国際非電離放射線防護委員会」(本部・ドイツ)が1998年に策定した指針(制限値=周波数50ヘルツで100μT以下、同60ヘルツで83μT以下)を「採用すべき」とし、強制力はないものの、日本など制限値を設けていない国に、この指針を採用するよう勧告する。

 また、各国の事情に応じ、送電線などを建設する際の産業界、市民との協議を求める。対策例として、送配電線の地下化や遮へい設備の設置などを挙げている。

 政府は、WHOの基準公表後、環境、経済産業省など関係6省による連絡会議を開催する方針。「費用対効果を勘案し、有効な予防策を考えたい」(環境省環境安全課)としている。

 電磁波研究に携わっている財団法人・電気安全環境研究所(東京都渋谷区)は「電力会社や家電メーカーも対応を考えざるを得ない。電磁波防護の費用が価格に跳ね返る可能性もあり、消費者に十分説明して理解を求める必要がある」と指摘している。

 90年代以降、欧米の疫学調査で「送電線付近の住民に小児白血病が増える」などの報告が相次いだことから、WHOは96年、「国際電磁界プロジェクト」をスタート。日本を含む約60か国の研究者らが影響を調査している。

電磁波の予防原則 明確に WHO「疑わしきは回避」

 電磁波に関する環境保健基準原案で世界保健機関(WHO)が明確に打ち出したのは、「疑わしきは回避せよ」という「予防原則」のメッセージだ。現状では、各国の調査研究は健康被害を立証しきれていない。アルコールや喫煙など健康に対するリスクは、身の回りにたくさんある。電磁波だけを過度に警戒する必要はないだろう。しかし、電磁波については、根拠のない健康への不安だけが先行したり、逆に全く無関心だったりするのも事実だ。最新の科学情報に基づく電磁波の特徴や影響を正しくとらえている人は意外と少ないのではないか。

 電化製品に囲まれ、様々な電磁波を浴びながら暮らしていることを考えると、WHOが指摘するように、政府には、最新の研究で得た知見や防護方法について、情報提供する責任がある。環境ホルモンやダイオキシン問題などを機に、欧州では予防原則は環境施策の主流になりつつあるが、政府・産業界と国民との間の正確な情報の共有がそれを支えている。WHOの予防原則を踏まえ、政府は国民が納得できる情報の提供に努めるべきだ。(地方部 高倉正樹)

電磁波 電気が流れる場所やその周りから発生する電気と磁気の波のこと。93年の通産省(当時)の報告書によると、家電製品から出る超低周波の電磁波はドライヤー2・5〜53μT、テレビ0・1〜2μTなど。送電線の下は20μT。WHOの下部組織「国際がん研究機関」は01年、超低周波の磁場(磁気のある場)について「発がん性があるかもしれない」とした。

(2006年1月12日 読売新聞)

 

2005.11.11

山形県の中山納豆様
水道水を使用し納豆を作られております。


2005.10.18(火)
受付午後1:00〜1:20
開始午後1:20〜3:30
セミナー内容 電磁波の実体と対策 実用的対応とは?
会場:明石市立産業交流センター078-936-7915 明石市大久保町ゆりのき通1丁目4-7
お問い合せ 090−7552−8585 富井まで
主催:AOIウエルネット
セミナー費 無料

2005.10.19(水)

●午後の部
受付午後1:00〜1:20
開始午後1:20〜3:30
セミナー内容 電磁波の実体と対策 実用的対応とは?
●夜の部
受付午後6:40〜7:00
開始午後7:00〜9:00
セミナー内容 電磁波の実体と対策 実用的対応とは?
会場:神戸市垂水区塩屋町4丁目3-40 竹内ビル2F
お問い合せ 078−751−4430 竹内千恵子まで
主催:AOIウエルネット
セミナー費 無料
 

2005.09.18

電磁波被曝問題解決セミナー開催のお知らせ

2005.09.23(金)
2005.09.27(火)
2005.10.08(土)
会場:広島県福山市新涯町1-2-3元気の森2F
時間
1:20〜2:20 1部 電磁波の実体と対策
2:25〜3:00 2部 実用的対応とは?
主催:AOIウエルネット
お問い合せ 090−5693−5575 山本まで
 

2005.7.16

電磁波被曝対策説明会開催のお知らせ

2005.7.30(土)PM2:00〜
2005.7.31(日)PM1:00〜
ウィングス京都B会議室
京都市中京区東洞院六角下ル
先着30名様 無料
講師: 電磁波被曝研究会 都築宏信様

連絡先075-254-6444 ハリーコム有限会社内電磁波被曝研究会
申し込みはお電話で 075-254-6444

 

2005.6.13

νG7による処理水の物性と含有元素濃度
九州大学大学院 工学研究院
化学工学部門 高尾征治様による報告>>ICP質量分析結果

2005.6.1

電磁波被曝対策説明会開催のお知らせ

2005.6.11(土)13:00〜15:00
倉敷市老松町4-6-18 TEL086-455-6610
(お問い合わせ)げんきの森(山本)TEL090-5693-5575
知らなかったではすまされない現実!!
「電磁波汚染と水について」

講師: 電磁波被曝研究会 都築宏信様
 

2005.5.25

2005NEW環境展
5/24〜5/27東京ビックサイト出店中
AM10:00〜PM5:00(最終日のみ4:00まで)
交通:東京新橋〜ゆりかもめ国際展示場正門下車スグ
お近くの方はお越し下さいませ。
入場料:1000円

2005.05.19

電磁波被曝対策説明会開催のお知らせ

2005.6.18(土)13:00〜
熊本県熊本市水前寺5丁目5-1
「ホテルマネッソマツヤ」
講師: 電磁波被曝研究会 都築宏信様
講演内容
*電磁波被曝対策とAOI-202
*水(νG7)

2005.5.16

電磁波被曝対策説明会開催のお知らせ

2005.6.11(土) 19:00〜21:00
広島県福山市伊勢丘6-6-1
「東部市民センター」
講師: 電磁波被曝研究会 都築宏信様
お問い合わせ:084-940-2574
 

2005.05.14

特許電子図書館のホームページにて弊社「フィールド変換器」再公開されております。
是非ご覧になって下さい。
http://www.ipdl.ncipi.go.jp/Tokujitu/tjsogodb.ipdl?N0000=101
文献種類 A1
文献番号 2003-055591

 

 

2005.4.16

【AOI202の活性酸素消去力を確認!!!】

水道水(武蔵野市)をグラスに入れて、AOI-202の上に放置し、活性酸素除去酵素 (SOD)の活性度を測定しました。測定装置はESR(電子スピン共鳴装置)です。

実験の結果、SODの活性度(SOSA)が上がりました。これはAOI-202が活性酸素を消去する何らかのエネルギーを発生しているという、世界で初めてのデータです。

AOIー202の上に水道水を入れたコップを置くだけで、何故こうなるのかは今のところ説明のしようがありません。

2005.4.14

下記紹介の 松下和弘博士様よりのコメントが届きました。
 

2005.3.15

本日より「グレースセブン」の商品名を「νG7」(ニュージーセブン)に変更いたします。
ホームページの表記、写真等は順次変更いたします。
 

2005.2.18

推薦図書の紹介

水で健康になる!

松下和弘 生命の水研究所 所長

実業之日本社

ISBN4-408-32145-1

定価1575円
2004.12.28

会社移転のお知らせ
平成17年1月11日より下記住所に移転致します。
新住所 〒532-0026
 大阪市淀川区塚本1丁目18番15-101号
 (電話、ファックスは変更ありません。年内は旧住所にて12月30日まで営業致します。)
 

2004.11.25
和歌山 TK様

サラリーマンをして自宅に戻ってきて就寝すると、私の母親が、決まって毎日午前2時頃に私を起こすのです。
「コンビニに行って、あれこうてきてとかこれ買ってこい」という具合で、いい加減なんとかならんものかと、知人に相談したら「AOI-202という摩訶不思議なものがあるから、それを置いてみたら」といわれ、貸してもらって置いてみました。
置いたその日から、母親から起こされなくなったのです。いつまで続くかとずっと見てますが今のところ、大丈夫のようです。
本当に助かりました。ありがとうございます。
 

2004.11.25
宮城県 学習塾経営 I 様

今年7月から2ヶ月間AOI(アオイ)-202を塾に設置したところ、クラスの雰囲気が明るくなり、活気が出て授業がやりやすくなりました。
生徒の授業態度もメリハリがあり、ポイントの部分になるとしっかり注目し始め、その結果、成績も8割の生徒が二十点〜五十点の伸びを示しました。
休みがちの生徒が授業に出るようになったのも大きいです。
 

2004.11.25
熊本県 Sさん

孫(男の子)が学校の先生から「授業を邪魔して困る、なんとかなりませんか?」とたびたび言われてました。νG7とアオイ202を家に設置してから逆に先生から「何かされたんですか?」と聞かれました。授業を邪魔しなくなったとのことです。
 

2004.11.7
神戸新聞に取材されました。

2004年(平成16年)10月28日木曜日神戸新聞
ナット1200個水を活性化
金属の「気」を利用
大阪の野村さん 装置開発、近く販売へ

 脱サラした大阪の会社経営者が、ステンレス製のナットに水を通すだけで水質が活性化する装置を開発。国際特許を出願し、近く本格的な販売に乗り出す。通した水の抗菌効果は実証済みだが、それ以上に、使った人から効果をたたえる声が返ってくる。経営者は「今の科学で因果関係は説明できないのだが・・・」と驚き、商品化を決断したという。

 家庭用のミニ水族館などを扱う会社「ウエルネス」を、大阪市淀川区塚本三で経営する野村修之さん(五二)。神戸市の表面処理の会社などにつとめた後、独立。「気功」にふれる機会があったことから、科学で説明のつかない出来事にも関心を抱くようになった。

 「半分は遊び」で金属が帯びる「気」を試すうち、たどり着いたのが内径三ミリのステンレスナット。約千度で加熱処理したナット千百九十七個を結晶状に組み合わせ、各方面で吸水管に取り付けて試用してもらった。そうすると「ホタルの寿命が延びた」「養豚場の悪臭が消えた」などと効果を語る声が返ってきた。

 「ホンマかいな、と私自身が不思議だった。電子が活性化しているに違いないとは思うが、十分な説明はできない」試用が始まってすでに四年。何のメンテナンスの必要もなく、効果は継続中という。

 商品名は強相関電子様エネルギー水生成装置「νG7:旧名グレースセブン」定価は税込294000円。活水器は電解や磁力によるものが既に百種以上も商品化されているが、理論的な謎の多さでは異色。野村さんは科学的に解析する研究期間が現れるのを待っている。

 

2004.10.26
天草の生産牛家では、双子が生まれ、競り市で、ともに75万円で、落札されてます。これが、AOI202,νG7水を使用した中での、最高値です。
 
2004.10.23
SV-MAG、νG7、アオイ202を設置した養豚場の豚を食べたら非常においしいのはご存じだと思いますが、今回、日本食品分析センターに豚肉を持ち込み分析依頼しました。結果が出たらご報告致します。
 

2004.10.22
山口県のご婦人達(岩本様、沖野様、中川様他)が言っておられました。
νG7水に「サシミ」、「肉」、「野菜」、「豆腐」を5分程入れていると、おいしくいただけるそうです。
皆様もお試し下さい。他にも何がおいしくなるかわかったらこのトピックスでご報告致します。

 

2004.10.20
熊本県天草の苓北町の I 夫妻は、結婚して14年間子供が出来ませんでした。熊大で不妊治療に700万以上使いましたが妊娠しませんでした。そこでνG7とアオイ202を自宅に設置され、3ヶ月後に妊娠がわかりました。現在既に出産され男の子は大変元気だそうです。
 
2004.10.19

2004.9.25 KTS鹿児島テレビ

「KTSの日」黒カレーを作るに川崎養豚場の豚肉が採用、取材、放映されましたので一部の紹介と川崎養豚 川崎高義様に現在の状況を報告していただきました。

  
平成16年9月17日
川崎養豚場 川崎高義

平成16年5月にアオイ202とνG7を取り付け致しました。その後の現状を報告致します。仔豚(バークシャ)にヒネや、下痢、事故率も高かったが、ヒネや下痢などもなく、事故率が減少致しております。又、全体に仔豚肉豚とも状態も良く発育も良くなってきています。ありがとうございます。

飼料についてもA〜Bに切り替が10日ほど早くなったようです。それだけ仔豚が元気です。肉豚については、夏場は食込みなど減少するのですが、特に食込みが悪い様になく、状態、発育とも昨年より良かったですね。肉豚では下痢など全くありませんでした。

それと分娩舎母豚について受胎率ではまだ良くわかりませんが、再発情は特にないですね。

夏場分娩時、分娩後母豚の食がなかったのが、昨年より今年は特にいなかった様です。発情については早く来るのではなく、PMS(発情ホルモン)を使用しなくなりました。

  
左にメニューがない場合こちらからトップページへ進んで下さい。>>GO