山形県の中山納豆様
水道水を使用し納豆を作られております。
1年前にニューG7を取付られました。
水の大豆への浸透力が違うようになり、
納豆のニオイが少なくなり、
お客様より中山納豆はおいしくなったと言われるようになっています。
他の納豆ではアンモニアのような匂いがあるのですが、この中山納豆ではありません。
続報 2006.04
ニューG7のつける前とつけた後の状況
大豆の浸水する時間が早くなり1回の水交換する事で豆の色もきれいになり味もよくなったようです。菌の発酵がよくなりました。納豆が美味しいといわれています。
今までは加熱時間が24時間かかっていた。 ニューG7をつけてからは16〜17時間ですむ。最初は水を少なめにして、10時間後位に1度水を捨てる。再び注水して加熱。糸引きが良くなった。
左にメニューがない場合こちらからトップページへ進んで下さい。>>GO