導入事例

導入事例をご紹介いたします。

うなぎ養殖の導入事例

うなぎの養殖に適した水のクラスター改善。住みやすい環境ができ、うなぎの生存率アップ。くさみがなく高評価。

杉浦養魚(株) 杉浦 嘉則様 - 静岡県磐田市

写真:杉浦 嘉則様

うなぎの健康維持

写真:養殖うなぎ

うなぎにとって住みやすい環境を与えストレスのない美味しい養殖環境を作る際に、ぶつかる問題点が「うなぎの健康維持」。未だ稚魚の仕入れが高価な為、生存率は利益率に直接影響する。杉浦社長は、うなぎにとってストレスの無い住みよい環境を作る為、水に着目。養殖場にはニュージーセブンを通した大量の地下水が利用されている。水のクラスターが細かくなり微生物の住みよい環境になっている。杉浦養魚場では病気発生が無く、臭みの無い美味しいうなぎが育っている。

生存率アップ、味が良くなったと評判

写真:うなぎのかば焼き

現在95〜97%の生存率を達成している。全国平均80〜90%とのことから、かなりの改善が見られる。しかも地元うなぎ店からも評価はまさに「うなぎのぼり」で、定期的な取引が増えたとお話くださった。実際に食事をしたところ、郊外にあるひっそりとした佇まいなのに、大勢のお客様で大繁盛!根強い固定客が多いそうだ。

巨大なニュージーセブン商品

写真:ニュージーセブン商品

取材の日に偶然定期メンテを行う場面に遭遇した。型番としては125A・171コアが61個入っており、1日300㎥の地下水をくみ上げ通している。これだけの量の水を使うにもかかわらず定期清掃は約6ヶ月に1度行うだけ。清掃時間も中を開けて、ゴミを取るなどの比較的簡単な作業で、30分程度だった。
2015年は水害などもあり大変ご苦労されたとのこと。今後も静岡のうなぎ文化を全国に発信し続けていただきたい。

お問い合わせフォーム

ウエルネスが提案するνGニュージー生活

誰もが水の重要性を知る時代。あなたが求める本当に良い水とは?

はじめての方へ ウエルネスの想い

特許(世界5ヶ国)

  • イラスト:日本特許取得
    日本特許取得
    第4063768号
  • イラスト:アメリカ特許取得
    アメリカ特許取得
    第7449159号
  • イラスト:韓国特許取得
    韓国特許取得
    第10-0572641号
  • イラスト:中国特許取得
    中国特許取得
    第294032号
  • イラスト:オーストラリア特許取得
    オーストラリア
    特許取得
    第2002354303号

ウエルネスの技術は日本をはじめ、アメリカ、オーストラリア、韓国、中国と世界5カ国で特許を取得しています。