導入事例

導入事例をご紹介いたします。

食品加工業の導入事例

市の汚水抜き打ち検査で改善できなかった基準数値をクリア!

ヤマウチ調理食品様 - 大分県大分市

写真:工場外観

▶市の汚水抜き打ち検査で基準をクリアできず、改善策提示、再検査が悩みのたね。米の研ぎ汁が汚水の原因と予想。
▶米飯を炊く水道配管にνG1L4連テラヘルツを取付。

ニュージーセブン導入後

写真:弁当

原因を仮定し、ご飯を炊く水道配管にνG1L4連テラヘルツを取付しました。半年後の検査結果は下記の通り。

大分県大分市で食品加工業を経営されているヤマウチ調理食品株式会社様。(http://www.yamauchi-cf.jp/)お弁当の調理販売の他に、寿司店舗経営・温泉宿泊施設・大型レンタルスペース運営など、幅広い経営をされています。

中でもお弁当については宅配用の日替わり弁当を始め、幼稚園用の弁当など、毎日違うメニューの調理を行なっています。特に日替わり弁当は当日の9:30までオーダーすると大分市内は弁当一つ390円で宅配してくれます。

そんな山内調理食品様の悩みは作業工場から出る排水。大分市の抜き打ち検査でノルマルヘキサン値やBODが基準値(ノルマルヘキサン値30以下、BOD600以下)をクリアできず、改善策再提示・再検査と大変時間を取られているとの相談がありました。

もしかして、米のとぎ汁?

写真:米のとぎ汁

もちろん山内調理食品ご担当者も様々な改善努力をされてきました。しかし効果を感じる策はなく、ご相談を受けたニュージー7担当者は、ある食材に注目しました。それがお弁当で毎日炊く「ご飯」。調理の際にでる大量のとぎ汁が問題の菌を繁殖させているのではないか?と担当者が予想しました。米のとぎ汁といえば様々な再利用もされているほど、捨てるには勿体無い栄養価値の高いものです。したがって細菌にとっては繁殖しやすい要素が満載というわけです。

【水質検査結果】

・ノルマルヘキサン値

取付け前 54

取付け後 25

・BOD

取付け前 722

取付け後 342

写真:工場洗浄水配管にニュージーセブン取付

大変満足され、現在、工場洗浄水配管にνG7W40A、調理室上水道にνG1L4連テラヘルツを追加で取り付けし、ノルマルヘキサン値=25、BOD=342をキープされています。

なぜ米の洗浄水をニュージー7にすることで効果が現れたのか?
担当者の推察。

なぜ、米の洗浄水道水をニュージー7の通過水に変えるだけで様々な数値が下がったのでしょうか?ニュージー7を水道管に取り付けることで、通過する水道水が「ナノバブル」をまといます。そうすることで、汚水内にもともと存在する様々な細菌の繁殖を抑える(制菌効果)ことができ、結果的に測定数値が良くなったと考えられます。

残念ながら大分市の水道水ではもともといる微細菌のせいで、検察数値はゼロにはなりにくく、時間をおけば当然細菌繁殖につながります。ニュージー7を取り付けることで工業廃水を健全にすることができます。しかも、電気不要・メンテナンスも不要です。

今後もヤマウチ調理食品様のご繁栄をご祈願いたします。ご採用ありがとうございました。

お問い合わせフォーム

ウエルネスが提案するνGニュージー生活

誰もが水の重要性を知る時代。あなたが求める本当に良い水とは?

はじめての方へ ウエルネスの想い

特許(世界5ヶ国)

  • イラスト:日本特許取得
    日本特許取得
    第4063768号
  • イラスト:アメリカ特許取得
    アメリカ特許取得
    第7449159号
  • イラスト:韓国特許取得
    韓国特許取得
    第10-0572641号
  • イラスト:中国特許取得
    中国特許取得
    第294032号
  • イラスト:オーストラリア特許取得
    オーストラリア
    特許取得
    第2002354303号

ウエルネスの技術は日本をはじめ、アメリカ、オーストラリア、韓国、中国と世界5カ国で特許を取得しています。